医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛は安全性の高い施術と言われていますが、一時的に副作用のような症状がでてしまうこともあります。気になる症状が出てしまった場合でもすぐに適切な処置を行うことで改善することができますし、その方法を知っておくと良いでしょう。医療レーザー脱毛を受けるとレーザーを照射した肌が軽い炎症を起こし、赤みが出てしまうことがあります。これは濃い毛が密集している箇所に起こりやすいと言われており、医療レーザー脱毛の副作用として最も多いとされています。また、ニキビのような症状がでてしまうこともありますが、これは毛膿炎と呼ばれる症状であることが多いです。他にも火傷が起こってしまうこともあるため、気になる場合はクリニックで薬を処方してもらうと良いでしょう。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛の副作用やトラブルは、少なくなっていると言われています。
しかし、肌が過剰に反応する事によって火傷が起こるリスクはあります。
ただ、このリスクはテスト照射の際に肌の状態を確認する事や、保湿によるアフターケアで回避できます。
また、打ち漏れや照射漏れによって、ムダ毛が一部分だけ残ってしまうというトラブルも起こりえます。
この場合、再照射をお願いするのが一番ですが、再照射の保証期間が事前に定められているクリニックの場合、その保証期間内に連絡する事が重要です。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛後の口コミとしてワキ汗が増えたがあります。ワキ毛が亡くなってもワキ汗が増えるとなるとこれも問題ですが、これは本当なのでしょうか。
脱毛でワキ汗が増えたりワキガになるというのは単なる噂です。汗が増えるのは脱毛の副作用ではなく単なる勘違いなのです。というのはワキ毛があったころはかいた汗はいったん毛に付着してから蒸発していましたが、ワキ毛がなくなることでダイレクトに肌に汗が落ちることになり、実際の汗の量は増えていないのに増えたように勘違いしてしまうからです。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛をした後には、副作用などが出ないようにアフターケアを行っておくことが望ましいでしょう。脱毛後にはレーザーを当てていることもあり、日焼けしたような状態になっているので注意が必要です。
脱毛した後には冷やすようにして、お風呂やサウナなどは避けておきましょう。
しっかりアフターケアをしておけば、痛みや腫れなどもなく快適に過ごすことができます。定期的に行う脱毛だからこそ、その後のケアを大切にしておきましょう。特に敏感肌の方はできるだけケアを行っておくことで、肌トラブルを防ぐこともできます。
最近では技術も進みレーザー脱毛自体の痛みはそれほど強くありませんが、皮膚の状態には気を配っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です